CHECK

地域密着型工務店ならその土地に合った施工が可能

地域密着型工務店ならその土地に合った施工が可能

注文住宅を建てる上では、後から失敗しないように工務店探しをしっかりと行うことは当然ですが、よく言われる地域密着型の工務店であれば、土地の地域に対して適合する施工を行ってもらえます。ハウスメーカーの中には全国一律に同じような住宅を建てている会社もありますが、例えば北陸から東北、北海道の場合では冬期間の問題が浮上します。寒冷地や豪雪地域に建てる住宅は、スノーダクトや傾斜を付けた屋根に仕上げる方法だけではなく、断熱性に優れた複層ガラスを標準仕様として採用していることも多く、玄関フードも搭載することも可能になります。海沿いの地域の場合では、塩害の被害を受けてしまうので、腐食する金属を使わない注文住宅を建築していることやケーブル類を保護するカバーを最初から装着するなど工夫をしていることが多い傾向にあります。真夏になると連日のように真夏日になるような地域においては、地域密着型の工務店であればエアコンだけに頼る方法ではなく、遮熱と断熱を上手く取り込んだ家作りを行っているので土地に合った施工を可能にします。

工務店でも、外国人の職人が活躍しています。

日本は、どの業界でも少子高齢化問題で慢性化した人材不足に陥るとされ、自動車製造業界を筆頭にどの業界でも外国人が占める割合が大きくなっています。建築業界でも占有比率が急激に大きくなっており、大手ハウスメーカーでは外国人に建て方及び上棟が容認されている状態です。この流れは、大手ハウスメーカーだけでなく中堅ビルダーや工務店にも波及しており、今後も波及し続けると考えられています。住宅建築の中でも木造住宅は、伝統の技法を連綿と受け継いできた歴史があるので日本人の職人によって建築されるイメージが色濃く残っており、外人の職人が建築しているのを見ると大丈夫と思う人がほとんどです。実際に、バブル経済期のアメリカ人やカナダ人が建築したログハウスは、壁や建具などに隙間があってもお構いなしですしたし、日本でも見慣れているツーバイフォーの建築時も日本人のような正確さはなく何処か問題を抱えている住宅が建築されていました。現在は、バブル経済期に比べて大手ハウスメーカーをはじめ中堅ビルダーや工務店でも内務規則や現場でのマニュアルなどを整備して精度が上がっています。

群馬県でおすすめの注文住宅に関する情報サイト
工務店に依頼する時の基礎知識

このサイトでは家づくりやリフォームなどを真剣に検討している方を読者層に想定して、工務店に依頼するときの基礎知識や役にたつ情報などを各種のコンテンツを通じて御紹介しています。全国的にブランド力のあるハウスメーカーとは違って地域密着型の家づくりを実践しているのが特色です。気候や近隣エリアの特性を踏まえ、立地エリアにそった施工が可能なのが魅力です。費用面が気になる方は合い見積もりをお願いして相場観を養うのもおすすめです。

Search